会社案内
1928
木田信三が大阪市北区樋ノ口町に鉄工所を創業、紡織機部品・その他の製造を開始する。
1936
現在地大阪市都島区大東町2-13-5に工場を移転し事業の拡大を図る。
1953
木田式給湿機及び湿度自動制御器,木田式冷房装置の製造販売を開始する。
1963
組織を株式会社木田鉄工所とし、資本金を600万円とする。
1970
東洋紡績株式会社との共同開発による自動集綿装置の製造販売を開始する。
1971
東洋紡績株式会社との技術提携による新製品木田式木管選別機の製造販売を始める。
資本金を1020万円に増資。
東洋紡績株式会社との共同開発による搬送装置の製造販売を始める。
1973
福井県三方郡三方町に新工場開設。
1976
木田庄三郎が代表取締役に就任。
1978
木田式風力分離装置開発販売を開始する。
1980
印刷工程省力機として、Vターナーシステム開発に成功。
1981
福井産廃リサイクルセンター開設。
1982
木田式風力分離装置衛生綿再生ラインとして活用される。
1983
木田式Vターナーシステム本格販売開始。
1985
薄紙積替装置オートパイルの開発販売開始。
印刷工場搬送ライン開発。
1988
NEWオートパイル開発販売開始。
1989
印刷工場FAS、自動走行台車開発販売開始。
1992
新型袋詰め自動プレス機開発販売開始。
1993
風入れ反転機の新型ターナーSを国際展示会IGASで発表。
三方工場分離ライン設備増設。
1994
東京営業所開設。
KBN型加湿器、PRINTEK'94で発表。
1995
輪転印刷機用ソフトニング装置開発。
1996
フォーム印刷工程背糊付機開発。
1997
簡易高積機ミニパイラー開発。
2000
風入反転機ターナーRSA開発。
遠心式KHN型加湿器開発。
イタリアToppy社と販売契約。
 自走反転機Toppy、センサー付きハンドリフトToppyEYE販売開始。
2003
木田庄一郎が代表取締役社長に就任。
2005
アメリカStratis Corporation社(現Snyder Industries社)と販売契約。
 ノンストップボードを共同開発およびStratis樹脂パレット販売開始。
2006
福井三方工場を大阪南港工場へ移転。
ブランクス検査装置ショールームを南港工場に開設。
2007
資本金を2000万円に増資。
2009
一流体式加湿器エコミスト開発。
2010
ブランクスチェッカー開発。
ページ先頭へ